通信高校のメリットについて教えて

通信高校のメリットについて知っている人は、どのくらいいるのでしょう?
一番のメリットは、やっぱり時間が沢山あるところではないでしょうか。
一日中ずっと勉強をしているわけではないので、自由な時間がたくさんあります。
働きながら通う事が出来るようになっているから、卒業認定が欲しい人にもおすすめですね。
また、全日制に通っているとき不登校になってしまった人や、欠席が多くて進級できなかった人も通う事が出来ますよ。


通信高校は単位制で留年が無い

通信高校は単位制となっているところが多いので、留年することが無いんです。
3年間で卒業に必要な単位を修得すれば良いから、留年してしまう確率は少ないのではないでしょうか。
留年することなく自分のペースで単位を修得すればいいから、どなたにでも優しいのではないかと思うのですが、どう思いますでしょうか?
単位制だから余裕をもって習得することが出来るのが大きな魅力と言えますね。


幅広い年齢の人と交流が出来る

通信高校でしか出来ない事と言ったら、やっぱり色々な人と交流することなのではないかと思います。
全日制の高校では自分と同じ年齢や先輩・後輩だけですが通信高校は自分と同じ年齢の人や人生の先輩などもいます。
普段だったら関わる事の無い人達もいるでしょうから、きっと新鮮で貴重な時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか?
受け身でいるのはもったいないので、少しずつでもいいので積極的に話しかけてみてはどうでしょう!

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校の就学支援金給付の仕組みをしろう

通信高校でも、全日制の高校の同じように対象家庭の生徒は、高校の授業料の助成金を受け取ることができます。年収910万円以下の家庭で利用できる就学支援金の仕組みなので、年収で区切ってしまうことに対しての賛否はありますが、現時点では、受け取れる生徒は世帯年収が910万円以下の家庭となります。


●通信高校では1単位4812円を卒業までに74単位

通信高校は、大学と同じように単位を修得することで卒業を目指すことから、生徒によって申し込み単位の数の違いなどの問題があります。授業料も変わるので、1単位の値段を4812円に設定、卒業までに必要な最低単位数74単位分の給付となったそうです。授業料の計算は、通う通信高校の1単位の値段から4812円をマイナスした金額となります。


●サポート校などは対象外

サポート校などは塾などフリースクールのような扱いになるため、就学支援金の対象にはなりません。サポート校への通学と通信高校への通学を指定されている通信高校に通うという生徒は、高校にかかる授業料だけが就学支援金の対象となっていますから、注意しましょう。世帯年収によっては、助成金の増額なども可能になる場合があるそうですから、市区町村や学校への相談を行うことをおすすめします。

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校で磨きをかける

家庭の事情や家業を継ぐため進学できないなど、色々な事情で全日制高校や定時制高校に通えない人は結構存在しています。また、進学できても集団生活に馴染めない、一律的な授業についていけないなどの理由から不登校に陥る生徒も想像以上に多く、現代の複雑な社会問題になっています。そのような人にとって通信高校は救いの制度であり、志を強く持っている人には、自分の知識を伸ばし得意分野をさらに磨きをかける機会を得ることもできます。自分が将来どんな事をしたいかが決まっている人は、自分の歩みたい道に合った通信高校を選ぶことにより自分に磨きをかける事が出来ます。


<将来の夢に向かって>

専門的な仕事をしている人は、その道に強い学校を選び、大学進学を目指す人は、進学を目的とした教育に注力している学校がお勧めです。また、不登校など、通学に対して悩みがありそれでも勉強をしたいと思う人は人生相談に乗ってくれる指導者がいる学校などを選ぶと解決の糸口が見つかります。このように人それぞれ特有の事情を抱えている場合が多いので通信高校選択に当たっては、自分に合った学校を選ぶことにより勉強に打ち込める環境が整い、将来に向けて自分に磨きをかける事が可能になります。

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校を卒業したい

通信高校を卒業したいと思っている人は多くいるはず。
では、どのようにしたらちゃんと卒業することが出来るのか・・・それは卒業に必要な単位を取得することです。
出された課題をきちんとこなしてスクーリングに通って提出をする、これが基本ですね。
課題をきちんと提出しなければ、単位を取得することが難しいので遅れてしまっても提出は必ずするようにしましょう。


●通信高校の課題はどうやってこなす?

通信高校の課題をどのようにこなせば良いのか、悩んでいる人もいるのでは?
人によって向き不向きがあるので何とも言えないのですが、参考書を買って問題を進めている人が多いように感じます。
それでも分からない問題が出てきてしまう事もあると、お手上げになってしまいますよね?
そんな時は、サポート校へ行って先生に教えてもらいながら課題を進めていくのが一番いいと思いますよ。
分からないことをすぐに質問できるので、すっきりできるし頼もしいです。


●留年はありますか?

基本的に通信高校には留年と言うものが存在しないので、そんなに不安にならなくても大丈夫。
足りなかった単位だけを取得すればいいので、無理なく単位を取得して卒業することが可能なんです。
ただ、その通信高校によって何年在籍できるのか異なってきますから、事前にご確認を。

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校を卒業するにはどうすればいい?

通信高校を卒業するにはどうしたら良いのか知りたいですよね?
卒業するには、単位を修得しなければいけませんから、課題やレポートをきちんと定期的に提出するのが必須です。
ちゃんと課題をこなして、スクーリングにもちゃんと通う必要があります。
スクーリングは出席日数にカウントされるので、必ず通うようにしましょう。
また、行事も日数に含まれるところが多いので出来るだけ参加するようにした方がいいですよ。


通信高校を卒業したらどうするの?

通信高校を卒業した人たちは、一体どのような進路を選んだのでしょう?
大学へ進学した人もいれば、そのまま就職した人もいるかと思います。
先輩たちがどんな場所で活躍をしているのか知りたい時は、ネットで検索してみるのがいいですよ。
通信高校を卒業したらどうするのか、ということを掲載しているサイトもありますから覗いてみて下さい。
一番多いのは、やっぱり大学・専門へ進学するというものでした。
大学に進学できるの?と思っている人もいるでしょうが、実は進学することは可能なんですよ!


留年はありますか?

通信高校に留年はありませんので、単位を取り直すという形になります。
ただ、その際に気を付けてもらいたいのは何年までやり直しが出来るのかという点。
通信高校によってそれが決まっていますので、通う事を決める前に確認しておくのがいいですよ。
留年が無いからといって油断したり調子に乗っていると、後々痛い目に遭ってしまいますので気を付けるようにして下さいね。

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校にはどんな人がいるのか知りたい

通信高校は、それぞれみんな事情などを抱えてきている人が多いので、色々な人が通っています。
家の事情で通っている人や、何かやりたいことを見つけて通っている人。
働きながら卒業認定を取得しようとしている人など、本当に様々な人が通っています。
ですから、普段だったら関わることが無かったはずの人と交流を深めることが出来ます。
自分と同じ年齢の人もいれば、年上の人もいますから、本当に新鮮だと思いますよ。
なかなか普段では聞けないような話を聞いたりすることも出来ますから、楽しいです。


通信高校でしか出来ないことがあります

通信高校でしか出来ない事もありますから、ぜひ時間を有効に使ってみて。
時間が沢山あることがメリットだと言われていますので、その時間をいかに活用できるのかで変わってくると思います。
自分の好きなことをする時間にまわすとか、アルバイトに時間をまわすとか、自分のライフスタイルに合わせて過ごすことが出来るのも魅力の一つ。
クラブ活動に参加してみるのもいいですし、積極的に行事などに参加してみるのもいいでしょう。


休むときはしっかり休む

通信高校は自己管理が大事になってきます。
自宅で学習をしたり好きなことをしたりと自由に時間を使う事が出来ますが、たまには休養をしっかりとることも大事ですよ。
何だか体調がすぐれない時も無理をせずに、ゆっくり休むようにしましょう。
無理をして体を壊してしまったら大変なので、休める時にはしっかり休んで次につなげていきましょう。

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校は就職に不利になりますか?

皆さんは通信高校についてどんなイメージがありますか?
実際に通っている人の中には、就職をする際不利になってしまうのでは・・・と不安に思っている人もいるはず。
実際どうなのかといいますと、その企業先によって印象は変わってきますので断言することは少々難しいです。
マイナス評価をするところも実際にはあるようですが、そうではないところも現在では増えてきている様子。
何かの事情で通っている人は、その旨を素直に伝えるのが良いと思いますよ。


通信高校は恥ずかしくない

就職の面接時になぜ通信高校に通っていたのか?と質問されることもあります。
その時、どのような受け答えをするのが良いのかといいますと、プラスになることを言えばいいんです。
例えば、全日制の高校を中退して通信高校へ編入した人などはやっぱり学びたいと思ったから、卒業認定が欲しいからなどと前向きなことを伝えれば、評価も悪くなりません。
始めから通信高校に通っている人は家の事情とか、どうしても学びたいことがあったなどという気持ちを伝えればいいのです。


色々情報を探してみよう

通信高校に通っている人を探してコンタクトをとってみるのもいいですね。
同じ立場の人なので、きっと分かり合えることが多々あるのではないかと思います。
昔から付き合っている友達と話すのもいいですが、やっぱり同じ環境の人の方が話しやすいし共感してもらえることも多いのではないでしょうか?
今はネットワークが優れているので、きっと仲の良い人を見つけることが出来るはず。

Posted in 通信高校 | Leave a comment

通信高校のスクーリングについて教えて

通信高校は全日制の高校とは違って、毎日学校へ通う必要がないんです。
でも、その代わりに自宅で課題やレポートを進めて提出するという決まりがあります。
スクーリングといって、月に何度か学校へ通う必要がありますから、その点を忘れずに覚えておいてもらえたら嬉しいです。
中には、ずっと通うことなくネットから出来るという所もあるようですが、通信高校のほとんどがこのシステムになっています。


通信高校の課題で解けない問題は?

通信高校の課題で解けない問題も出てきたりしますよね。
そのような時は、そのページに付箋をしてスクーリングの時先生に質問をしてみるのが良いでしょう。
本屋で参考書を買ってもいいとは思いますが、それでも解けない時があるかと思うので、先生に質問をして解決させましょう。
また、経済的に余裕のある人はサポート校へ通うのもいいと思いますよ。
分からない問題についてすぐ質問できますから、モヤモヤせずすぐに解決できます。


選ぶ時は自宅から近い場所を

通信高校に通うと決めた時は、出来るだけ自宅から近い場所を選ぶようにしましょう。
なぜなのかといいますと、スクーリングで月に何度か通う必要があるからです。
もし、自宅から距離があったら通うのが面倒になってしまいませんか?
面相になってしまい通うのをやめてしまった・・・ということを防ぐ為にも自宅から1時間以内で通える場所を選ぶようにした方が良いですよ。
自分はどこでも通う自信がある!という人は大丈夫だと思いますが、出来るだけ近い場所を選びましょう。

Posted in 通信高校 | Leave a comment