通信高校に通うってことはつまりどういうこと?

通信高校に入学したあなたはそこに通いながらしっかりと自分の将来のための知識を得なくてはなりません。学校は他でもない勉強をするところ。一生の糧となる知識や経験を得られる場所です。
通信高校は通う生徒の年齢がばらついているのが大きな特徴。いろんな年齢層の学生が通っているのです。しかしそれでも若い者が通っているのも事実。
中には働き始めた若者が昼間働きながら夜通信高校に通うなんてことも良くある話です。
昼間はテレビやラジオで活躍している芸能人も多くこの通信高校で勉強しています。
間口が広く、誰でも通うことができるのがこの学校の強み。あなたはここで何を学びますか?
若い多感な時期をここで過ごすことで、あなたの人生を彩りましょう。


●私立の通信高校? 公立の学校に通う?

全日制高校と同じく、通信制にも私立と公立の学校が全国に存在します。
もちろんそれぞれ違った特性を備えており、私立の学校に通えばカウンセラーやサポート校の強いアシストを受けながら勉強を進めることができますし、登校頻度も高いのでしっかりと勉強をすすめることができます。
しかしその分学費も高くなってくることも知っておく必要があります。
対して効率はほとんど自宅学習であることが多く、その学習ペースの管理などは自分に任されていることが多いです。
これで昼間働く合間などで勉強してもやはりしっかりと勉強を進めることがむずかしいので、卒業率は私立の学校より低くなっています。
しっかり勉強をすすめたい方はぜひ私立の学校を選んで勉強しましょう。


●通信高校を卒業して進学する

初めから進学することを目標として勉強をすすめる学校もたくさんあります。
通信制に通った後でも自分の通いたい学校に入学することはできます。
大学、専門学校、そこで切るスタートラインは他の学校から来た人と何も変わりません。

This entry was posted in 通信高校. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>