通信高校の就学支援金給付の仕組みをしろう

通信高校でも、全日制の高校の同じように対象家庭の生徒は、高校の授業料の助成金を受け取ることができます。年収910万円以下の家庭で利用できる就学支援金の仕組みなので、年収で区切ってしまうことに対しての賛否はありますが、現時点では、受け取れる生徒は世帯年収が910万円以下の家庭となります。


●通信高校では1単位4812円を卒業までに74単位

通信高校は、大学と同じように単位を修得することで卒業を目指すことから、生徒によって申し込み単位の数の違いなどの問題があります。授業料も変わるので、1単位の値段を4812円に設定、卒業までに必要な最低単位数74単位分の給付となったそうです。授業料の計算は、通う通信高校の1単位の値段から4812円をマイナスした金額となります。


●サポート校などは対象外

サポート校などは塾などフリースクールのような扱いになるため、就学支援金の対象にはなりません。サポート校への通学と通信高校への通学を指定されている通信高校に通うという生徒は、高校にかかる授業料だけが就学支援金の対象となっていますから、注意しましょう。世帯年収によっては、助成金の増額なども可能になる場合があるそうですから、市区町村や学校への相談を行うことをおすすめします。

This entry was posted in 通信高校. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>