通信高校の短所

通信高校のシステムには、経済的な理由や健康面の問題があっても教育を等しく受ける機会が与えられるということにおおきなメリットがありますが、短所もあります。たしかに通学を前提としている高校に通えなくてもで高校の教育を受けるということは通信高校の大きなメリットですが、しかし近年の通信制への期待には、少なくとも公立は応えることが出来ていません。


<通信高校の短所は>

通信高校は通学しなくて良いというのが長所ですが、学習面においてはウイークポイントになります。学習の上は自分との戦いになってしまうため、卒業まで頑張り続けるのは大変な意思と情熱が必要なのです。また中学までの基礎力も不可欠です。学習面で挫折を味わう生徒が多く、卒業は5割を切っています。近年は不登校やいじめ、高校中退などを理由に、通信制を選択したという理由がかなりのウエイトを占めています。こういった生徒は学習以外の「指導」も求めています。
仲間や先生との関わりが殆ど無い通信制は、このような問題の根本的な解決はできません。私立の多くはこのウイークポイントをフォローできるカリキュラムの構築に尽力しています。またサポート校などもあります。通信制の長所は、短所でもあるのです。

This entry was posted in 通信高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.